So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

このままでは [医療]

 いまニュースでは事業仕分けの話題が多いですね。我々の分野もその対象になり、診療報酬をどうするかについて議論されています。医療崩壊をくいとめる必要性については異論のないところだと思いますが、最近の論調では結局開業医は儲けすぎ、だからその分を勤務医にまわせばいいのではないかという方向にもっていかれているようです。
 平均年収がその根拠とされていますが、平均はあくまで平均であって、平均の額を得ている人が一番多いとは限りません。標準偏差はどうなのかとか、実際の分布はどうなのかといったことはまったく見えてきません。例えば開業医10人の年収の平均が1000万だとしましょう。10人全員が1000万であれば当然平均は1000万ですが、一人だけ大もうけして9100万、残りの9人が100万しか年収がなくても10人の平均は1000万になるのです。そういうところを無視されて設けすぎだといわれるのはどうだかなあと思います。
 また開業医は、いわば事業を自分でたちあげた経営者でもあるわけで、中小企業とおなじですから借金をしょっているわけです。借金は経費にはならず、自分の所得から返すわけです。ですから例えば1700万収入があっても、何百万かは借金返済にあてるという感じですから、収入が1700万あっても、自分が自由に使えるお金が1700万あるわけではないのです。借金を返し終わっても、維持更新をしていくためにはお金がかかります。そういうところがまったく無視されているわけです。
 開業医は勤務時間も短く、楽しているといわれます。それは診察している時間のみを見ているからです。往診の行き帰り、地域医療を支えるために行う医師会の活動をする時間、経営者として経理の整理をする時間、職員の指導教育をする時間、そういったものがまったく入っていません。個人的には勤務医の時より拘束時間は長くなりました。
 開業医はほとんどの人が勤務医を経験してから開業しています。ですから勤務医の大変さも経験してきましたし、勤務医の待遇をよくすることについて文句を言う人はほとんどいないと思います。問題はそこではなく、医療費の総額が低すぎることにあるのですが、そういうところはマスコミも政府もしゃべってくれません。開業医をバッシングしている方が世間のくいつきがいいからなのでしょうか。
 また、勤務医への手当てを増やすといっても、やり方としては病院への報酬を増やすという形になるわけで、直接勤務医へ手当てがいくわけではないでしょう。病院はどこも累積した赤字で大変ですから、少し増やしたくらいでは勤務医の報酬にまでいかないのは目に見えています。そこまでいくように診療報酬の配分を変えれば、今度は町の開業医が破綻してどんどんなくなり、新規の開業もできなくなるでしょう。行くところがなくなった患者さんは病院にいかざるを得なくなります。そして押し寄せる患者をさばききれなくなります。さばききれなくなれば軽症の人や治療する必要がないといわれた人は病院にくるなということになるかもしれません。在宅医療や介護施設でみてもらえといわれたとしても、すでに介護の現場は人手不足と削られすぎた報酬により崩壊しています。結局このままでいけば医療崩壊するのです。十数年前のイギリスの医療崩壊の歴史を繰り返すことになるのでしょう。
 つまりいいたいことは、医療費を底上げしないことには何をやってもだめだということです。そこのところ、みんなだまされているのです。一番被害をこうむるのは今の日本を作り上げた団塊の世代の皆さんでしょう。年金だけでなく、医療の面でもひどい目に合わされるのです。一度崩壊しないとわからないのでしょうか。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 1

楽輔

1日で15万くれるっていうから突貫したら、
人妻2人に前立腺開発されたぞwww
http://creampie2.Net/dchap/



やみつきになったから明日もヤられてくる(・ω・)
by 楽輔 (2009-12-02 19:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。