So-net無料ブログ作成

十善戒

 少し前に義父が他界しました。長い間病魔と闘い、頑張っておられましたが甲斐なくこの世を去られました。しばらくショックで色々手につきませんでしたが、久しぶりに書いてみようと思います。
 法要でご住職が読経をされるのをきいていて、気になる言葉がありました。十善戒。十の項目よりなる善なる戒め、です。仏教でいう「善」とは、結果として自分に安楽をもたらす行為、で、「戒」というのは自らが決心して自発的に行うものなのだそうです。
 十善戒は人間の行いを身体と言葉と心の3つに分類しています。
身体の戒めは、
不殺生・・・生きとし生けるものを命を持つものである限り故意に傷つけない、殺さない。
不偸盗・・・自分に与えられていないものを、故意に自分のものにしない。
不邪淫・・・故意に、よこしまな男女関係をもたない。
言葉の戒めは、
不妄語・・・嘘は、いわない。
不綺語・・・きれいごとやお世辞など、人の心を惑わすことは言わない。
不悪口・・・他人の悪口をいわない。
不両舌・・・人を仲たがいさせるようなことはいわない。
心の戒めは、
不慳貪・・・物惜しみをしない。欲張らない。
不瞋恚・・・どんなときも怒ってはならない。
不邪見・・・よこしまなものの見方、考え方をしない。

 長いお経のほんの一部分ですが、これだけのことが入っているのです。普段あまり信心深くはないですが、調べてみると深いなあ、と考えさせられます。自分のことを振り返ったとき、とても守れておらず、このままでは地獄いきだなあと思います。心を入れ替えて頑張ろうと思うこの頃です。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。