So-net無料ブログ作成

診療報酬改訂のこと [医療]

しばらくご無沙汰で申し訳ありません。この4月に診療報酬といって、国が決める治療費の改訂があります。最近はマスコミも騒ぎ立てるのでご存知の方も多いと思います。これに対応するために色々と変えなければならないことがたくさんあり、辟易しています。前にも書いたとおり、うちはひとり開業医ですので、事務作業も自分でしなければならないことが多く、忙しくなっています。もちろん受付の方にも頑張ってもらってはいますが、病院勤務の時のように、やっといて、では済みません。相変わらず厚生労働省は高齢者が増えれば増えて当たり前の医療費を削るのにやっきになっていて、様々な手を使って報酬を下げにかかっています。救急や小児、産科の報酬を増やすことに異論はありませんが、その財源を他の部分からまわすというやり方にはやはり納得がいきません。医療費の総枠を決めた中でやりくりしているだけでは、今の救急、産科などの危機を根本的に解決することは不可能でしょう。将来、突然倒れた小泉元首相が救急車に乗ってからたらい回しにされるようなことでもない限り、この国の医療は変わらないのかもしれません。でもそういったVIPはちゃんと行き先を確保しているんでしょうけどね。。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。